動悸や息切れが起こりやすい


動悸や息切れが起こりやすい

セロトアルファで対策を



認知行動療法を始める前に、パニック発作や予期不安、広場恐怖などが起こるしくみについて正しい知識をもち、認知行動療法の意義についても理解を深めることが大切です。


また、毎日自分の状態を観察し、いつどこで発作が起きたか、頻度はどうか、症状はどうだったかを記録しましょう。

そうすることによって、自分が何を恐れているのか、どんな刺激で発作が起きるのか、客観的に検討できるようになります。


さらに、呼吸法や自律訓練法などもマスターして認知行動療法にトライすると、効果がアップするでしょう。




妊娠後期になると、大きくなった子宮に内臓が押し上げられ、心臓や肺が圧迫されるので、動悸や息切れが起こりやすくなります。

パニック障害の患者さんは不安を感じることと思いますが、これは自然な生理現象ですから、すわ発作かとあわてないようにしましょう。

さらに後期には、腰の痛み、胃のもたれ、むくみ、手足のしびれ、だるさなどの不快な症状も出てきます。

しかも寝苦しくなるため、睡眠不足になりやすく、精神的にも不安定になりがちです。


こういう時期だと割り切って、できるだけ明るい気持ちで過ごすように心がけてください。



セロトアルファならウツやパニック障害改善に良いですので、

一度試してみると良いかもしれません。


主婦と生活社
「私のパニック障害」患者から学ぶ安心生活の方法
ほほえみの会代表 野沢真弓著
山梨大学医学部精神科神経科講師 山田和男監修
P77 より引用



セロトアルファなら鬱病改善に良いらしい。パニック障害に幸せ成分!

FX業者